アフターパーツ購入時の注意点

2021年12月25日
トップケース

一番多いのがトップケースだけ非純正品を選択する事が多いと思う!
実際私も2001年モデルの時はGIVI33Lを使用していたので・・・
理由は当時の純正トップケースは大きく思えたし、入れるものは雨天時に濡れた物を入れる程度の感かくだった・・・

社外品のメリットは価格が安い、車種変更時に汎用性がある、サイズの選択肢がある!だと思います。
デメリットはワンキーシステムではない、色が合わない!
※GIVIの一部のモデルのキーシリンダーをマスターキーで操作できるように改造できるキットもありました!

詳細は別ページをご確認ください!


2022年01月08日
マフラー

基本的に全年式取付けは可能です!

年式よりも排ガス規制、騒音規制の施工日で取り付け可能なマフラーが変わってくる!

2001年モデルに使用していたマフラーはバイクのモデルに合わせると、2005年モデルまでになりますが、マフラーメーカで確認すると
2006年モデルまで共通です!
2006年モデルまでは車検対応品であれば、品質に問題がない限り、書類等がなくても車検はOKでした!

FJRの場合、2012年モデル以降は基本的に国内保安部品適合品は無いに等しいです!!

2007年モデル以降は「JMCAプレート」の有り無しで違いがあります。

一番の問題は「センタースタンドストッパー」の有無です!
マフラーに付いているモデル(純正方式)と、別体式(アールズギア等)がありますので、付属するかが重要です!!





トップへ
戻る