リアカウル修理 そのA

熱湯攻撃


90℃で3分・・・
なんかカップラーメンみたいだ!

こつは容器の熱吸収を考えた方が良いです!
90℃のお湯を入れても、容器の温度が低くて熱を奪われると、柔らかくならない・・・
なので、2回目は沸騰したてを入れた!


欠損部分




型取り




型枠完成




流し込み




若干はみ出した・・・




はみ出し部分を


カッター、鑢で成形!!


隙間が無くなった!




クリップ交換




2017年06月18日

完成!







トップへ
戻る