カロッツェリア AVIC−MP33

カロッツェリア AVIC−MP33


取付けるのはこちら!


取付箇所の選択!


普通のビッグスクーターならば、ハンドルに取付なのでしょうけど、このバイク、ハンドルカバーがあって普通じゃないので、

今回はメーターバイザー上のスクリーンとの間に取付けます!

取付ステーはネットで購入!   色々な取付タイプがありました!!


ヘッドライトカウルを外します


タッピングビス2本とクリップ2個とピン1本だけ!


タッピングビス


裏側ね!


クリップ




ピン




スクリーン取外し


ウェルナットなので、基本的に毎回交換ですね・・・


後先考えずに


スクリーンを外してしまいました・・・


スクリーンを外すと


こんな感じです


取付ステー


3Mの強力両面テープが予め貼ってあるので、両面テープだけでの取付ならば、スクリーンを外す必要はありません!


穴あけ!


今回は補強として、タッピングネジで補強しますので、予め3mmのドリルで下穴をあけてあります!   4ヵ所です!
工具がないのでルーターで・・・  


タッピングビス




脱脂


しつこいぐらいに吹き付けて、脱脂します!!


貼付け!


位置は予め、スクリーンが付いている状態で、ナビをステーに取付けて確認した場所です!


タッピングビス取付


下穴なしのドライバーで締め込むだけです   ネジを左右の2個だけなら、スクリーンの取り外しは不要です!


ナビ下


構造上、1.5mmほど隙間が開いてしまうので、クッションスポンジを!   しばらく使用して問題が無ければ、両面で固定する予定です!!


反射防止対策


SUS製のネジなので、反射しないように、タッチペンでビスの頭を塗装します!


スクリーンを仮付して


ナビの取付確認!


ワンセグじゃ映らない・・・


別荘周辺はワンセグは受信しません・・・   ま〜TV機能は不要ですけどね・・・   PJMも映らないし・・・


スクリーン復元


ウェルナットが6個にネジが6個です!   うち2本、ハンドル側が長いウェルナットとネジです!   で、このバイク、ウェルナットとネジが3ヵ所、まともに固定されておりませんでした・・・   刺さっていただけ状態です・・・   

それと、外したウェルナットですが、結果、短い方の4個は簡単に取付出来ました(そりゃ、3個が固定されていない状態だったからね)

問題は長い2本です!   うち、ダメだったのでがアクセル側です!   メーターステーと共締めなのですが、完璧に装着されていました(本来の姿ですけどね)

ネットで調べると、熱湯で柔らかくして押し込む!ってのがありましたが、今回はタイヤワックスを多量に吹きつけて(シリコンスプレーが無い)押し込んでみました!! 

見事復元できました!!   が、次回は購入しないとダメですね・・・

で、作業中、手がワックスでベトベト、ヌルヌルだったから写真がありません・・・


隙間ゴム


汚れて、硬化し始めています・・・   保障交換した時に、ちゃんと固定もされていません・・・


タイヤワックスで磨いて


弾力を戻して、隙間を調整して完成!!


普段はこの状態


ロックを解除して、ステーを水平にすれば、もう少し目障りではなくなります!   今回は工具がないので、ここまでの作業で終了です!!

次回は電源確保編です!

バイク専用ナビではないので、電源関係に防水性能は「零」です!!

電源配線は2種類あります!   シガーソケットからと配線加工用のです

基本的に内蔵バッテリ運用を考えているので、シガーソケットからの電源供給予定です!

センターグローブボックスにシガーソケットがあるので、センターカウルから右側ボックスに穴を貫通させて、ミギボックス内に配線を入れ、必要時にナビに接続させる予定です!!

右側ボックスは電気配線を出して蓋をしても配線を挟むことがない(その分、防水性は無いけどね)のを確認できたので!!





トップへ
戻る