使っちまった・・・

対物保険@

今回は100:0で、私の持ち出しは無し!
ここで問題が発生、その@、一応自分の方の保険会社にも電話したが、100:0なので使えません・・・
だそうです&何かありましたら弁護士費用は300万円までです!だって・・・

そのA、別荘生活なので、修理に出すことも引き取ることも出来ません・・・
ちなみに、保険会社は同じでした(たまたまです)
話し合いの結果、修理先が納車引き上げを有償で対応してくれるのであれば、輸送費は負担しますだって!

保安部品等の破損で、走行不能であれば普通は対応するそうです!
が今回はカウルとパニアに傷が入った程度のお話なので、基本的に自走可能であればダメだそうです・・・

がこれで前例作ってやったぜ!!


車両保険A

パノラマラインで対向車のトラックがセンターラインを越えて来たのを見て、びっくりして握りゴケ・・・

今回は全損です・・・
が私は救急車で搬送・・・

保険会社経由でロードサービスがバイクを引き上げに・・・
その後、ロードサービス会社に運搬されましたが、なんと保管料金を請求してきました!

保険会社指定なのに保管料金請求なんてありえない!
なのでYSPにバイクを引き上げに行ってもらいました・・・

当然、都内から群馬までの往復代金は請求されます(そりゃそうだ、私の一存で移送依頼をしたので!)

が、今回も保険会社とロードサービスの問題であり、契約違反なので、全額保険会社に支払いをさせました!

当然、車両保険も満額降りました(有難い話ではないけれどね)

問題は群馬の病院から自宅に帰る手段です・・・
今回も2万円分は交通費で負担されるのですが、歩く事も出来ない状態なので、タクシーで帰宅しようと思ったら、15万ぐらいだって・・・

仕方がないので自腹を切ろうとしたら、保険会社がレンタカーで帰ってもOKだと電話で言ってくれたので、タクシーに乗って近くのレンタカーで車を借りて、自宅付近の系列店で返却して、またタクシーで家まで!
結果、2万円で帰る事が出来た!!

が流石に二度もロードサービスでトラブルにされると信用無くなり、保険会社を切り替えました・・・


車両保険@

場所は南蔵王七ヶ宿線にて、路面の砂利を避けきれずに用水路に落下・・・
運良く走行に支障はないかなと思いきや、エンジンオイルドレンプラグ部分にクラックが入り、オイル抜け・・・
自走出来なくなり、保険会社に電話して、ロードサービスを依頼したが、ここからトラブルに巻き込まれることに!

保険会社からロードサービスに電話、ロードサービスから運転手に電話、私と運転手との会話では、運搬先の制限は無し!

なので、都内のYSPまで運搬依頼して、東北道の白石ICから首都高経由で輸送(この時、首都高はタンクローリーの事故で道路が解け落ち、一部通行止め)

本来は現場から保険会社の指定修理工場までが無料運搬の対象!

この場合、恐らくは山形県or宮城県付近のヤマハ系列店で修理後に自宅まで運搬される(この運搬費用は15万円分までOK)

保険会社が私に、この話をしていなかった事とロードサービスも私に伝えていなかった事が理由であり、都内までの運搬費は全額私持ちと言われた・・・

当然納得出来ないので保険会社と揉めました・・・
ちなみに、都内から自宅までは2万円分の交通費が支払されます(深夜なのでタクシーで帰宅)

最終的に修理金額合計が車両保険最高額に達していないので、差額で処理するとなった・・・





トップへ
戻る