大破したシティパニア左側の使い道

今回は


意味があるような、ないような?結局無駄遣いしたような?
スカイウェイブの初期型と650にはGIVIのサイドケースが海外仕様で販売されているみたいですが、3型には存在しない・・・
兵共は汎用品を取付けているみたいですが、どうせなら余り物のFJRのパニアがFZ1みたいに取付出来ないかなと!

パニアの重量だけでも相当なものだから、おとなしくサイドバッグの方がいいのかな?


色塗り


リベットの色が目立つので、タッチペンで黒に!

これで一応完成!!   無塗装なのでつや出し剤で磨いて保管かな?
基本的には使い道は無いのだが、2号さんをパニア化出来ないかなと、去年からの構想です!


リベット固定




仮合わせ




プレート挿入




余り物の本体に


シティパニアの蓋を移植します


余り物の


蓋と本体分離


分離!


大破している本体とシティパニアの蓋を分離します!
ドリルでリベットの頭を削って外します!!


蓋もOK




リールもOK








内部部品は


問題ないので部品取りします!


昇降ロックは


問題ないんだけどね・・・






どうすれば


ここまで破損するんだろ?


ケース側は


修復不可能!


蓋が回収できれば


超ラッキーです!





トップへ
戻る