ワイズギア・ナビゲーション取り付け

※使い勝手は・・・私の感想ですので、ご了承ください

林道のような狭くて左右に木が生い茂っている場所ではGPSの受信感度が悪くなります

車速パルスがないのでトンネルが連続する場所には弱いです

正確さは90点レベルです

見易さは90点レベルです

操作感は80点レベルです

防水性は夕立レベルまでなら確認済みです

欲しい機能は・・・

VICS渋滞情報

電池駆動

不要なもの・・・

イヤホンジャック(雨が降ったら濡れる)

ナビゲーション取り付けアタッチメント


ナビキット付属品です
どのバイクもこれは使います


FJR専用取り付けステー


上の写真のアタッチメントに取り付けます
工具は+ドライバーと7mmのスパナだけ


ハンドル取り付けステー


ハンドルを固定しているヘキサゴンボルトを化粧カバーを取り外して上下の2本を外します
真中の1本は残します


こんな感じで


で、意外だったのがネジの周りに小さなごみが溜まってた・・・


ハンドルにステー取り付け


ま?基本的にネジを取り替えてステーを固定するだけですので・・・


反対側も


同じように取り付けたら、ナビ取り付けアタッチメントを取り付けます
この時、キット付属のネジは+ネジで作業性が悪いので、これもヘキサゴンに交換すると良いでしょう


電源供給


写真ではごちゃついていますが、実際に配線多いな?
で、電源元はリアブレーキランプのスイッチの配線から供給していま
ちなみに、その電源はETCにも供給しています
万が一の場合、リアブレーキランプが点かなくなるのと、ETCが使用できないだけなので、走行に影響が少ないと・・・


完成!!


配線はガソリンタンク右側をシート下まで
画面の角度はメーターと合わせました
各部まし締めを行って、あとは走行後に再度、増し締めです


使った工具は


これだけです
ソケットレンチはスパナでOK
短い+ネジをヘキサゴンに替えれば短いドライバーは不要です
電源取り出しのために電工工具を使いましたが、圧着端子を使えば不要です
ヘキサゴンのサイズはブレーキローターボルトと同じサイズです


外した部品


ボルト4本
化粧カバー4個
ワッシャー4個
写真の極小?ドライバーはハンドルのネジ穴のごみ取に使いました?楊枝で充分です・・・
写真の取説はFJR専用取り付けステーに付属しています

取り付け時間はHP用に写真を撮りながら行っても、1時間です
普通に作業すれば45分も掛かりません





トップへ
戻る