純正トップケース取付

予備カウルに交換


キャリアと共にトップケース使用しない仕様に!


使用後は


年に1回使用するかしないかなので、使い終わったら外します!

当然、清掃します!!










重心高い・・・


走行性能に影響出ます






トップケース載せて


アンテナが干渉するので角度変更


これでOK




水、ゴミ侵入防止


同じサイズのボルトとワッシャとゴムパッキン!


ベースを外すと


当然、カウルに穴が開いているので・・・


キャリアとベース


この隙間で干渉しないのでキャリアに傷は着かないです!


ロックすると


こうなります!
個人的には、このスライドを金属化すればって思うけど・・・


ラバー取付




金属プレート装着








カウル復旧して


カラー装着、ボルト固定でベースプレートまで完成!


序に点検


リア周りの電球点検した方が良いです!
電球が黒ずみしていたら、交換した方が良いです!!

そして中々開けない場所なので清掃も!


固定フレーム


 上側の2個に合うように、カウル側にカラーの幅で穴あけします!

カウル側にマーカー2ヶ所打ってあります!  


スライドすれば


リアカウルは外せます!


リアキャリア取外し


6角ボルト4本






プラ+ネジ




クリップ


これは予備品を数個持っていた方が良いです!

車用は最近ABで普通に購入出来ますがバイク用はサイズが違います・・・


このネジのみ違います!


他のカウルを固定しているネジと違うので注意が必要です・・・


サイドパネル取外し




これも無かったパーツ


トップケース下部先端に取付

2006年モデル以降は中古品を入手した場合、脱落防止パーツが付属しているかを確認した方が良いです!!


ベースプレート


裏側にクッションゴムが4個ありますが、古くなると接着剤が剥がれます・・・


カラーとボルト




旧モデルにはなかった


金属プレート・・・
一時期販売中止となっていた純正トップケース(一部では走行中に脱落するって言われてた)


2001〜2005年モデル


までは共通です!
2006〜も2015までは共通です(何時まで共通かね?)





トップへ
戻る